Goldbug Software

Second Notes

Mac iPhone iPad

MacAppStore

Second Notes for Mac | ¥960

macOS 10.7 and later

Trial

試用版がダウンロードできます。

macOS 10.7 and later

What's New

Feb 25, 2016 Second Notes for Mac 1.6 をリリースしました。


Second Notes for Mac

Second NotesはLive Markdownを搭載した、iCloudベースのNote(メモ)アプリです。

Second Notes for iOSといっしょに利用することでMacとiOSデバイス間で同じNoteを共有することができます。Live Markdownを搭載していますので、テキスト入力中にリストや引用が自動でインデントします。テキストのちょっとしたスタイル変更ですが、Noteがぐっと読みやすくなります。また、文章の一部を選択してコピーして、HTMLスニペットとして取り出すこともできます。

main

主な機能

Live Markdownによるテキスト入力

Second NotesはMarkdownライクな表記法を採用しています。Live Markdownによりリストや引用は自動でインデントされ、文字列はボールドやイタリックに変換されます。

img0 img1

選択しているフォントファミリーがイタリックやボールドを持っている必要があります。例えば、日本語を利用する場合の標準フォントのヒラギノ角ゴシックはイタリックを持っていません。

iCloudによるSecond Notes for iOSとの連携

Second NotesはiCloudにNoteを保存します。Second Notes for iOSを利用してiPhone/iPadからも同じNoteの表示や編集ができます。

Preview表示

PreviewはMarkdownをHTML変換して表示します。リストや引用がより読み易くなります。LinkをクリックすればSafariが起動してページを表示します。

HTMLスニペットの作成

編集メニューにある "HTML形式でコピー" を選択すれば「HTMLスニペット」を取り出すことができます。

img2

例えば、

  # 9月30日の予定
  - 10:00 打ち合わせ
        

をHTML形式でコピーした場合、次のHTMLスニペットが得られます。

<h1>9月30日の予定</h1>
<ul><li><p>10:00 打ち合わせ</p></li></ul>
        

Notes内の検索

ツールバーにある検索フィールドに文字列を入力すれば、iCloudと"On My Mac"のフォルダー内にあるすべてのNoteのテキストの検索が行えます。 Note内のマッチした文字列がハイライトされます。

img3

自動保存

Second NotesにはSaveボタンがありません。Noteはすべて自動で保存されます。Noteが切り替わったとき、もしくは一定間隔で保存されます。

操作方法

img4

img6

img7

Tips