Goldbug Software

AddressBook Aid

MacAppStore

AddressBook Aid | ¥1,300

macOS 10.7 and later

Trial

試用版がダウンロードできます。

macOS 10.7 and later

What's New

Sep 10, 2018 AddressBook Aid 2.5.6をリリースしました。


AddressBook Aid 2.5

AddressBook AidはAppleの「連絡先」アプリで作成した住所録を直接編集するためのアプリです。
住所録をリスト表示します。カラム毎にソートができ、TextFinderを利用した検索・置換機能を使って編集することができます。 また、連絡先毎に複数の項目を選び一括して変更することもできます。
連絡先ごとにvCardやCSVファイルのインポート、エキスポートができ、QRCodeに変換する機能もあります。

main
ご利用の際にはプライバシー設定でAddressBook Aidを登録してください。

システム内の連絡先情報はPrivacy保護機能によりアクセスが制限されています。
AddressBook Aidがシステムの連絡先情報にアクセスできるように設定を変更してください。


AddressBook Aid の主な機能:


Apple連絡先のAddressBookのリスト表示による編集

AddressBook AidはApple連絡先アプリが作成するAddressBookデータベースに登録されている連絡先を直接読み書きができます。

読み込んだ連絡先はリスト表示されます。リストのカラムには表示タイプやカラムで選択したPhone, Emailなどのデータが表示されます。

詳しくはサポートページをご覧ください。

  
  

カラム毎のソートとTextFinderによる検索・置換

AddressBook Aidのそれぞれのカラムにはソート機能があります。カラムヘッダーをクリックすることで行を並び替えることができます。重複データが簡単に見つかります。住所は郵便番号や県・市町村名などによるソートが可能ですし、郵便番号、県名などをカラム表示することもできます。

  

なお、住所を郵便番号や県名などの要素表示した場合、それぞれのカラムはラベルを持ちますが、一つの住所として管理されています。例えば、郵便番号のラベルを変更すると、同じ行にある県名などの要素のラベルも連動して変化します。

また、検索にはOSのTextFinderを利用しています、名前、項目毎に文字列検索と置換が行えます。またその際にパターンを利用した検索も行えます。

  

AddressBook Aid 2.5.2からは住所の検索方法が変更になりました。従来は住所の文字列全体を検索対象としていましたが、2.5.2からは住所の市・番地などの項目毎に検索を行います。従って、都道府県が"東京都"で市町村が"西新宿"の場合、"東京都西新宿"では検索ができません。その代わりに、一致した文字列の置換が行えます。従来は置換が行えないためAddress編集パネルが表示されていました。


比較パネルによる二つの連絡先の比較と編集

比較パネルは下の図のように、二つの連絡先を縦に並べで表示します。Editボタンをクリックして編集モードに変更すれば、ラベルを変更したり、ダブルクリックしたセルの値を書き換えることができます。また、左右のテーブルの間でDrag&Dropにより値の移動やコピーが行えます。
パネルを表示するには、AddressBookウインドウのテーブルで二つの連絡先を選択して、フォーマットメニューの「二つの連絡先を比較」メニューを選択します。 Drag&Dropはデータの移動になります。コピーするにはOptionキーを押しながらDragします。


コンテキストメニューによるアクションの実行と変換機能

テーブルのデータセルの上でControlキーを押しながらクリックを行うとコンテキストメニューが表示されます。Phone, Email, Addressなどのセルではそれぞれの値に応じたアクションが実行できます。
例えば、Emailのセルではメールアプリの新規作成が起動できますし、住所の場合にはApple Mapが開いて該当の住所の位置が表示されます。

Editボタンをクリックして、編集モードにするとコンテキストメニューから編集メニューが使えるようになります。
編集メニューでは選択したセルに対して、文字列の置換、追加、削除が行えます。
複数のセルが選択されている場合には、それらの内容を一括して変更することができます。


複数行の一括変換機能

複数のラベルや値を一括してセットすることができます。
複数行を選択し、ラベルもしくは値を変更します。確認のアラートが表示されますので、OKします。選択された行の値が一括して変更できます。

詳しくはサポートページをご覧ください。


vCard/CSVの読み込みと書き出し

AddressBook AidはvCardとCSVファイルの読み込みと書き出しが行えます。

macOS 10.9以降では、読み込み時にvCardおよびCSVに含まれる連絡先とその情報が表示されますので、連絡先を選択してAddressBookに追加できます。

  

詳しくはサポートページをご覧ください。


連絡先情報をQRCodeで表示

AddressBook Aidは連絡先情報をvCard, PhoneなどいろいろなフォーマットのQRCodeとして表示することができます。表示されたImageはCopy&Pasteして他の書類に貼付けることができます。


リストのフォントサイズの変更

フォントメニューから「大きく」を選択することでリストを表示する際のサイズを大きくすることができます。 一覧で確認するときには小さめのフォント、編集するときは大きめのフォントと切り替えて利用できます。

連絡先のDrag and Drop

Apple連絡先やApple Mailとの間でdrag and dropにより連絡先をコピーすることができます。

マウスでコピーしたい行を選択し、クリックしたまま少し左右に動かすことでドラック状態になりポインターの形状が変化します。クリックしたままコピー先まで移動します。ポインターが+マークが変化すればコピーが可能なことを示します。

また、Groupリストを表示しているときには、Groupへのメンバーの追加も連絡先のDrag&Dropにより行います。

なお、Apple連絡先からAddressBook Aidへ連絡先ドロップする際には、AddressBook Aidを編集モードにする必要があります。

グループの編集についてはサポートページをご覧ください。


「コピー」と「CSV形式でコピー」

編集メニューにある「コピー」を利用すると、ウインドウで選択している行の情報がテキスト形式でペーストバッファにコピーされます。 テキストはカラム毎の値がタブで分割された文字列となります。そのままNumbersやExcelにペーストすることができます。 また、「CSV形式でコピー」を実行した場合、値がコンマで分割された文字列となります。
ExcelやNumbersへCopy&Pasteする場合、編集メニューの「コピー」を選択すれば、セルに分割されてペーストできます。 テキストエディターなどへは「CSV形式でコピー」を利用することで、コンマで分割された文字列としてペーストできます


印刷

印刷したい連絡先を選び、ファイルメニューから印刷を選択します。Cmd-Clickにより、複数の連絡先を複数選んで印刷することもできます。
また、プリントダイアログの詳細からAddressBook Aidの設定を開くと、印刷する情報を選ぶことができます。


動作環境:

AddressBook Aid を使用するためには macOS 10.7 以降が必要です。

試用版のインストール方法:

ダウンロードしたzipファイルをダブルクリックするとAddressBookAidTrial.appができます。このアプリを起動してお試し下さい。

アンインストール方法:

本ソフトウエアAddressBookAidTrial.appをゴミ箱に移動して消去することでアンインストールが行なえます。